MENU

青山法律事務所からのお知らせ・行事・セミナー情報についてご紹介します。

【【再掲】特許流通事業化支援事業費補助金(佐賀県)】2013年8月7日


佐賀県庁の新産業・基礎科学課の方から、下記の補助金のご案内が来ております。

 

佐賀県 特許流通事業化支援事業補助金

(以下引用)

【事業化支援事業】

県内中小企業者等が、実施許諾契約締結(平成20年7月1日以降に契約を締結したものに限る。)により第三者(資本関係等のある会社を除く。)から導入する特許技術等を活用して事業化に向けた試作品製作等を行う事業。

補助率:補助対象経費の2分の1以内です。

補助限度額は1件あたり100万円を上限額とします。

※許諾前事業化検討支援事業に採択された後、同技術にて事業化支援事業の補助を受ける場合、100万円から許諾前事業化検討支援事業における補助額を差し引いた額を上限とします。

 

【許諾前事業化検討支援事業】

県内中小企業者等が、第三者(資本関係等のある会社を除く。)から導入予定の特許技術等を活用して事業化検討を行う事業。

※導入予定の特許技術等については、秘密保持契約もしくはオプション契約を締結(平成20年7月1日以降に契約を締結したものに限る。)していることを条件とします。

補助率は、補助対象経費の2分の1以内です。

補助限度額は1件あたり20万円を上限額とします。

 

(引用終わり)

補助対象は、要するに、他社の特許技術を導入して研究開発・試作をしたり、技術指導を受けることで、魅力的な商品を開発して事業拡大を図る、というもので、広い意味での共同事業を予定しています。

 

そして、このような共同事業に際しては、特許等を利用するのであればライセンス料の支払、実施可能性の研究・試験等が必要となるところ、その費用につき、佐賀県がその2分の1の金額(1件当たり100万円が上限)を補助してくれるというものです。

 

例えば、1個あたり1万円の商品を他社の特許を利用して開発、初年度売上目標3000個、他社特許のライセンス料(ロイヤリティ)を売上の2%、技術支援料(イニシャルペイメント含む)50万円、試作・研究費用を100万円とみると、総額は

  • 技術支援料     50万円
  • 初年度ロイヤリティ 60万円
  • 試作・研究費用   100万円
  • 合計        210万円
  • 補助金額      100万円 
  • 企業の実質負担額  110万円

となり、計画達成時でも初年のロイヤリティまでカバーできます。

(※以上はあくまで仮定例であり、対象費目等の詳細は佐賀県に確認下さい)

 

募集締切は9月30日までとなっております。

まだ枠に余裕があるとのことですので、利用をご希望の方は、佐賀県新産業・基礎科学科(0952-25-7129(内線2159))、あるいは当事務所までご連絡下さい。

 


新型コロナウイルスに関する当事務所の対応

知財専門支援制度(知財顧問制度)のご案内

最新情報

2020年07月17日
夏期休業のご連絡
当事務所は本年下記の期間夏期休業を頂きます。 2020年8月13日(木)・8月14日(金) ...
2020年06月01日
新型コロナウイルスに関する当事務所の対応
【2020年6月1日更新】 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う当事務所の...
2019年07月11日
夏期休業のご連絡
当事務所は本年7月22日から7月26日まで夏期休業を頂きます。 変則的な時期で申し訳ございま...
2017年12月26日
2017~18年 冬期休業のご連絡
当事務所は、2017年12月29日から2018年1月3日まで冬期休業となります。...
2017年06月01日
夏期休業のご案内(2017)
当事務所の2017年の夏期休業期間は、2017年8月14日(月)から18日(金)とさせて頂いておりま...